台湾高雄−成田路線をバニラエアの格安航空券で飛ぼう

自分に合った旅をしましょう

バニラのメリット、デメリットをご紹介自分に合った旅をしましょう

さて、バニラエアのもう一つのメリットは自分の目的に合ったリーズナブルな航空券を購入できることです。
更に片道ずつの購入が可能ですから、自己流にチケットのアレンジが可能。
私はいつも、日本へ向かう時は荷物が少なく、帰りは欲しいものがたくさん有るし、液体のものを持ち帰りたいので、往路は荷物を購入せず、シンプルな航空券であるシンプルバニラを購入。
日本から高雄へ戻る時は荷物の値段が含まれた、コミコミバニラを購入、というように使い分けています。
そうすることで必要のない経費は削減できますし、欲しいものを購入して持ち帰ることも出来ます。
また、急なチケット変更に対しても、料金の追加はありますが、インターネットで簡単に処理が可能です。
ですので、私のように自分で旅程をカスタマイズしたいと思う人にはとてもリーズナブルで便利なチケットだと言えるでしょう。
さて、これまでのバニラエア利用で感じたデメリットもお話しておくべきでしょう。
まずは、格安航空会社の機体ならではの座席が狭いという問題です。
これは女性の私にはあまり感じない問題ですが、見ている限り、男性の方やある程度身長の有る方には少し手狭な感じがするのは否めません。
ですが、高雄−成田路線は往路約3時間前後、復路約4時間前後という飛行時間なので、そこまで辛くないと言う声も耳にします。
また、機内サービスはないですので、お腹がすいたときなどは機内で食べ物を購入するか、事前に用意して持ち込むことが必要です。
この部分は格安航空会社の特徴ですので、受け入れられる範囲かと思います。
もう一つのデメリットとしては、飛行機が遅延した場合の保証が一般的には無い、と言うことでしょうか。
ですが、遅延することも初めから想定して利用し、その保証が無いのが格安航空だと理解していれば、その心積もりもでき、そう問題にならないのではないでしょうか。
総じてバニラの利用は非常に満足しています。
デメリットを理解しつつ、自分に合った旅をこれからもバニラエアで続けて行きたいものです。